男性と女性の不妊率は?

あきらめない!男性不妊を改善する方法

男性と女性の不妊率は?

.

男性と女性の不妊率は同じ?

男性

女性が原因の不妊はよく取り上げられていましたが、現在では男性の不妊率が高くなってきていて、女性の不妊率と同じくらいになってきていると言われています。一般には夫婦の約40%は男性にも不妊の原因があると言われています。ちなみに女性の不妊率は、29歳までは約10%、34歳までは約15%、39歳までは約20%、44歳までは約30%、と言われています。年齢が上がるごとに不妊率は高まります。これは女性だけでなく男性においても同じことが言えます。不妊治療は女性だけでなく、男性もしていかないと妊娠ができない、ということです。


ページのトップへ ▲

男性の不妊率が高くなるはなぜ?

ストレス

男性の不妊の原因は90%が精子のトラブルと言われています。精子をつくる過程において、なんらかの障害が生じると、乏精子症や精子無力症など不妊症の原因になります。慶応グループでの研究報告によると、過去30年間の2万人の調査で10%の精子減少が見られると報告しています。男性の不妊率が高まっている原因としては、で現代社会の環境が大きいと言われています。食生活も昔とは内容が変わってきていること、過度なストレスを抱えた生活、また、環境ホルモンも男性の不妊率を高くしていると言われています。環境ホルモンといわれるダイオキシンなどの化学物質が生活の中にあふれていることが、男性の生殖機能の減退につながっているという報告もあります。


ページのトップへ ▲

年齢とともに上がる女性の不妊率

女性

女性の不妊率は年齢とともに上がります。女性は35歳を過ぎると卵子や子宮の機能が急激に下がるとされています。特に卵子の老化には注意しなければなりません。妊娠・出産のための体の機能が衰えると、自然妊娠だけでなく人工授精や体外受精においても妊娠しにくくなります。出産のリスクも高まります。現代では仕事を持つ女性が増え、結婚年齢も上がり、妊娠・出産の年齢も高くなってきて、必然的に不妊率も高まります。赤ちゃんを安全に産みたいのであれば、若いうちに産んだ方が安全です。もちろん、若いから100%安全というわけではありません。高齢でも現代の医学では安全に出産する例も増えています。大切なのは、男性でも女性でも規則正しい生活、バランスのとれた食生活をして、健康な体でいることです。


ページのトップへ ▲

| 男性不妊-ホーム | 種類と症状 | 原因 | 判断基準 | 改善法 | 薬物療法 | 手術療法 | 生殖補助療法 | 食事療法 | 改善に良い食品 | お勧め病院 | 漢方・サプリメント | 基本検査 | 精密検査 | 男性不妊時の人工授精 | 男性不妊の自然妊娠 | 男性機能向上の下着 | サポートグッズ | 精力増強に良い栄養素 | 男性と女性の不妊率 | 体験談 |

Copyright (C) あきらめない!男性不妊を改善する方法 All Rights Reserved.