男性不妊治療の食事療法

あきらめない!男性不妊を改善する方法

男性不妊治療の食事療法

.

1日3食が男性不妊の食事療法の基本

納豆

男性不妊治療の食事療法において効果があるといわれているのが、納豆やうなぎ、鶏肉、牛モモなどです。これらは精子を活発にさせ、運動率も高めてくれると言われています。また、レバーは精子をつくる機能を活性化させます。魚介類は精子を毒素から守る働きをし、精子数を減らさないという働きを持っています。男性不妊治療における効果と言われる食事療法としては、これらの食品をバランスよく摂取することです。高タンパク低脂肪の食事を1日3食きちんと食べる、ということが男性不妊治療の食事療法において大切なことです。


ページのトップへ ▲

男性不妊の食事療法にぜひ取り入れたいもの

ルイボスティー

精子の量や精子の運動率の低下が原因で男性不妊治療をしていることは多いです。そのトラブルを食事療法で改善するために有効と言われているのが亜鉛。亜鉛不足になると、精巣が萎縮し生殖機能が低下すると言われているのです。亜鉛を豊富に含んだレバーを食事療法に取り入れましょう。また、亜鉛や鉄、セレンなどのミネラルを多く含んだルイボスティーは精子の質をよくしてくれると言われています。男性不妊治療の食事療法においては、ぜひ取り入れたいものですね。お酒の量を少し減らして、食後にルイボスティーを飲む習慣をつけるといいですね。他には、ビタミンEを含んだ食材やマカなども男性不妊治療の食事療法には取り入れていきたいものです。マカは精力増進の食材としても知られているものですね。積極的に取り入れていきましょう。


ページのトップへ ▲

男性不妊治療において重要な食事療法

食事

男性不妊の原因はさまざまで、男性不妊治療も薬物療法や手術療法などいろいろあります。しかし、男性不妊治療は原因不明で効果がないといわれることも多いのが現状です。その原因の一つである生活習慣は、男性不妊に大きく関係しているとされています。仕事での忙しい生活、付き合いなどの飲み会、人間関係のストレスなど不規則な生活習慣や偏った食生活が、男性不妊の原因になっていることもあるのです。特に食事は人間の健康において基本です。健康な体でなければ健康な精子ができないこともあります。男性不妊治療において食事療法はとても重要なことです。薬物治療などの治療も大切ですが、毎日の生活習慣、食事療法をしっかりと行いましょう。


ページのトップへ ▲

| 男性不妊-ホーム | 種類と症状 | 原因 | 判断基準 | 改善法 | 薬物療法 | 手術療法 | 生殖補助療法 | 食事療法 | 改善に良い食品 | お勧め病院 | 漢方・サプリメント | 基本検査 | 精密検査 | 男性不妊時の人工授精 | 男性不妊の自然妊娠 | 男性機能向上の下着 | サポートグッズ | 精力増強に良い栄養素 | 男性と女性の不妊率 | 体験談 |

Copyright (C) あきらめない!男性不妊を改善する方法 All Rights Reserved.